ニュージーランドT、阪神牝馬Sなどの予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドTの予想

桜花賞の陰に隠れてそこまでピックアップされないこのレース。
今年のメンバーを見ると先行勢に有力馬が集まったなぁといった印象。
しかしレース展開としてはおそらく普通~ハイペースになりそう…。
となると先行勢は本当に力のある馬しか馬券に絡むことはできず荒れそうな予感がします。

ニュージーランドTの特徴

  • 2,3,8枠が調子いい
  • 1枠が調子悪い
  • 先行有利のコース
  • 恐らくハイペース

ニュージーランドTのしるし

  • ◎14.シーズンズギフト
  • 〇5.ペールエール
  • ▲16.ウイングレイテスト
  • △9.オーロラフラッシュ
  • ×7.ソウルトレイン
  • ×11.ルフトシュトローム
  • ニュージーランドTの展開などなど

    ペースはハイペース?

    今回はハイペースになると思って予想をたてています。
    その根拠はハナをとるのが2.カリオストロだと思っていること。
    この馬はハナをとりに行く馬ですがペースはスローに落としたがらない馬。さらに隣の1番のカフェサンドリヨンもハナをとりたがる馬。
    最内枠に入った2頭がスタート後に主張をしそうなのでペースは速くなると思っています。
    また有力馬も先行勢が多いのでそれもハイペースになるといった根拠の1つです。

    結果はどうなる?

    中山芝1600mは先行有利とされているレース。
    しかし、今の馬場は凄く先行勢が伸びるわけではなく展開に左右されるところが多い。
    ハイペースになると最後に先行勢は辛くなるので差しが届きやすくなる。今回はそんな展開になりそう。
    そこで差しに構えて力のありそうな馬は…とみてみると14.シーズンズギフト、16.ウイングレイテスト、9.オーロラフラッシュが有力になりそう。
    その中で一番力のありそうな14.シーズンズギフトを本命としました。
    また対抗に5.ペールエールを選んでいるのですが、差し有利を考慮しなければこの馬が本命でした。
    前走はケガで結果が出なかったし、本来の力を出せばこのメンバーでは1,2番くらいなのでは?さらに絶好調の3枠をひいた。人気もしてない。
    となると、展開を考慮しなければこの馬が期待値的には一番高かったです。

    阪神牝馬Sの予想

    ヴィクトリアマイルの前哨戦となるこのレース。
    メンバーを見てもみんな前哨戦だなぁ…といった印象。なので荒れるときは荒れそうだなぁと。
    ただ、今回本命にしたダノンファンタジー。
    陣営がここを目標に調整してきた。とコメントしているので、もしかしたらここが本番かもしれない。
    というのもこの馬は前哨戦は強いが本番で結果が出せない馬。
    2戦目がダメなのか…と思っていたが、もしかしたら前哨戦でしっかりと賞金を稼ぐといった陣営の作戦なのでは?とも思えてきた。
    なので今回はそんなことも期待し、さらに枠も悪くないので自信の本命です。
    あと、穴馬としては8.ブランノワールがここを本番にしてそうなので期待しています。

    阪神牝馬Sの特徴

    • 4枠より外が好走
    • 血統はディープ、カナロアが調子よさそう

    阪神牝馬Sのしるし

  • ◎13.ダノンファンタジー
  • 〇2.サウンドキアラ
  • ▲4.ビーチサンバ
  • △11.シゲルピンクダイヤ
  • ×7.プールヴィル
  • ×8.ブランノワール
  • 土曜中山9レース

    このレースはアトラスサンタンとエバーミランダが人気になっているが、私も同じような予想です。
    この2頭を比べると実力は同じくらい。しかし、枠が有利に働きそうなアトラスサンタンを本命にしました。
    また前走はエバーミランダが2着になっていますがこれは重馬場が向いたのかアストラサンタンが重馬場が苦手なのか?といった背景があるなかの結果だと思っています。
    さらにエバーミランダはルメールさんが乗るしディープ産駒ということで人気になりそう。
    それならばアストラサンタンの方が馬券的に美味しいのでは?と思っています。
    検証馬券は6頭にしるしをつけているので9.モリトシラユリにもしるしをつけていますが、正直ここはどの馬でもいいかなぁと思いながらしるしをつけています。

    • ◎2.アストラサンタン
    • 〇6.エバーミランダ
    • ▲5.テンワールドレイナ
    • △7.ハローユニコーン
    • ×11.ジョブックコメン
    • ×9.モリトシラユリ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *