ニート・フリーターや旅行好きの人にはリゾートバイトに向いてる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リゾートバイト 旅行好き

リゾートバイトに向いてる人、向いていない人というのは少なからずあります。
やはり誰とでも上手に友好関係が保てて、どんな仕事でも器用に要領よくこなせる人が向いているのは当たり前なんですが、人間嫌いや最近の言い方だとコミュ障、あと仕事の覚えが遅い人だって問題なく働ける仕事なので特に向いていないとか不適合ということにはなりません。
しかし、こういう人はリゾートバイトには向いてる。とか向いていないかもという人もいます。
向いていない人は目的と合っていない人なのですが、今回はそこら辺を詳しく紹介していきます。

ニート・フリーターの人にはリゾートバイトに向いてる

ニート・フリーターの人がリゾートバイトに向いてる理由

リゾートバイト フリーター

「リゾート地で働ける・高時給・寮費、食費無料」という環境はニート・引きこもりにとっても大変魅力的に映ります!
ただ、広告のイメージを見ているとあまりにも男女の若者がキャピキャピしていて、「こんな場所で働けるのか?笑われないか…?」と非常に気になるのも事実。
しかし、ニート・引きこもりの人がリゾートバイトは社会復帰するための手段としてもおすすめです。

あえて自宅から大きく離れることで安全地帯を離れる

リゾートバイトのアクセス

現在、ニート・引きこもりという立場でリゾートバイトを調べている人は、自分と同じく「現状のままではマズイのは理解している、ただ一歩踏み出す勇気がない…」という人たちだと思います。
これから生きていくにあたって、多かれ少なかれ働いていかなければいけません。ただ、ずっと社会から断絶したような生活を送っていると久しぶりに復帰しようと思っても怖いです…。非常に怖い。
リゾートバイトもご多分にもれず、大変な仕事であることに違いはありません。
ただ、住み込み寮で暮らすことになるので地元の人に合う危険性も少なく、何より「自分の安全地帯」から抜き出すことができます。
今後、社会復帰するにあたって安全地帯を抜け出す…という経験はめちゃくちゃ重要で、怖いですが一歩踏み出すことで新しい道が開けます!
ニート・引きこもりにとっては一大決心になりますが、もしなんとかしたい!と思っているのならリゾバを始める価値はあります。上手くいけば、人生変わりますから。

短期間で色々な職場を移動できる

リゾートバイトの仕事

私は人間関係が苦手な人に対しての最大のメリットは短期間で色々な職場を移動できること思っています。
短期の案件なら最短1週間程度から募集しており、ある程度貯金する目的でも2ヶ月程度働けば十分。期間満了した段階で次の職場に移ることができます。
リゾートバイトは働き続けなくとも最初から高時給が約束されており、1年単位で職場におらずともそこそこの額を貯金することができます。
1年単位で働いていると人間関係に疲れますが、数ヶ月単位でリフレッシュすれば負担も減ります。
もし気に入った職場が見つかれば、一生懸命働けば社員として直接雇用の契約を結び、年度ごとの契約&給料アップという選択を取ることもできます。
期間・働く場所・一緒に働く人・時給の融通が効くのもリゾバのメリット!積極的にこれらの点を生かすことで、より楽に働くことができます。

実家を出たい人も多く働いている

リゾートバイト 出発

リゾートバイトは住み込み寮を提供してくれるので、実家を出たいという理由で働いている人もいます。実家の居心地が悪い、帰る場所がないという人にもおすすめです。
一つの選択肢として、いっそのこと上京して働きながら一人暮らしするという手もありますが、一般的なアルバイトは安時給なうえに家賃・食費などが重なって生活苦に陥りやすいです。
リゾートバイトは高時給&必要な資金を負担してくれる職場であれば、一定期間働きながら生活したうえで、貯金を貯め新しい生活を送ることができます。
ただ、働く場所をしっかり見極めないと環境の悪い寮や職場に派遣されることもなるので、「この場所はブラックな労働をしていないか・・・?」「寮はキレイか?」などをキッチリ事前に調査する必要があります。

ニート・フリーターの人がリゾートバイトで苦労しないための方法

厨房・清掃など裏方業務の職種を選ぶ

リゾートバイトの裏方業務

ニート・引きこもりが長期間続き、人間関係が苦手になった人は「厨房・清掃」など裏方業務がおすすめです。
リゾートバイトは派遣先によって大きく仕事環境が異なり、なれない業種で働き始めるとパニックになります。特に忙しい時期はテキパキと動かないといけません。
しかし、ホテル厨房の洗い場や客室清掃のような裏方業務は簡単な作業なので専門知識も必要ないし、それほど体力がなくても大丈夫です。
1ヶ月・2ヶ月単位での短期募集も多いので、とりあえず社会復帰のつもりで試してみて、慣れてきたらフロントなどに移ると社会復帰につながります。
客層がお年寄り中心なら、対人恐怖症でも意外と問題なく接することができましたね。
業務内容としては接客のほうが楽で、裏方は肉体労働も多いのでそれはそれで大変ですが、接客に苦手意識があるなら段階的に慣れていったほうが絶対にいいです。
★裏方業務の仕事内容は30代以上におすすめな客室清掃の仕事紹介の記事に詳しく紹介されているので参考にしてみてください。

20代の若者比率が低い職場を選ぶ

リゾートバイト 20代

リゾートバイトは若者が多いイメージがありますが、実際に働いてみるとそれほど多くありません。むしろ職場によっては30代以降のほうが多いくらいで、過去には70代の方が働いていたこともあります。
若者でも色々なタイプがいるので一概にはいえませんが、特に大学生は「ウェイウェイ」系が多いです。30代以降の方は落ち着いている方も多く、経歴が複雑で話を聞くだけで非常に参考になることも。
職場によっては若者が集まりやすい場所もあり、夏場の海の家・プールスタッフ・マリンスタッフ、冬場のスキー場は若者が多いので苦手なら避けましょう。

最初から繁忙期に働きはじめない

リゾートバイト 繁忙期

基本的に忙しいことの多いリゾートバイトですが、旅館・ホテルなど季節性の強い場所は繁忙期に極端に忙しくなり、閑散期には一気に暇になります。
繁忙期は派遣の人も多く集まりやすく、ピーク時にはどれほど人間関係が良い職場でもピリピリします。
不安であれば、閑散期で少し暇そうな勤務先を積極的に選ぶようにして、仕事に慣れていきましょう。仕事のより好みはできませんが、極端に忙しい職場は避けられます。
あえて派遣会社の担当者に「それほど忙しくない職場で…」という条件をつけて、閑散期の現場を紹介してもらうとよいです。
お客さんが多いときは一日中働いていることもありますが、特に忙しくないときだと1日3時間労働や2連休などスケジュールにかなり余裕を持って働くことができることもあります。

旅好きがリゾートバイトに向いている理由

今までは少しネガティブなリゾートバイトの話をしていましたので、ここからはポジティブなリゾートバイトに向いている人の話をして行こうと思います。
最初に旅好きやバックパッカーはリゾートバイトに向いていますし、そういった人は多くいます。

住み込みに慣れている

リゾートバイトの寮

旅行好きがリゾートバイトに向いている理由の1つとして住み込みに慣れていることが挙げられます。
特にバックパッカーは旅行代を節約するためにドミトリー(共同部屋)に泊まることが多いですし、個室にこだわる人でも宿で見知らぬ人とコミュニケーションをとります。
さらに、自分の知らない土地に行くことが楽しみであったり、慣れているので環境の変化に適応しやすく、また住み込み先が多少キレイでなくても旅の住まいに比べたらキレイなので、そこらへんを問題視する人も少ないです。

日本全国どこでも旅しながらアルバイトができる

リゾートバイト カメラマン

究極を言ってしまえばリゾートバイトでお金を貯めて、そのお金で旅行する。お金が無くなったらリゾートバイトを探して住み込みで働き、またお金が貯まったら旅行にいくということもできてしまいます。
やはりリゾートバイト最大の魅力は、やはり「日本全国、どこでも”旅をしながら”アルバイトができること」です。
実際に派遣サイトを確認してみるとわかりますが、北海道から沖縄まで、多種多様な地域で色々な仕事が募集されています。
「旅行しながら、資金集めと出会いをつくるために住み込みバイトをする!」みたいなことが実際に可能なわけです。
すでに行きたい地域があるなら、自分がやりたい仕事を探して応募すればいいですし、特に気になる地域はない場合でも登録だけしておいて気に入った場所を見つけたらすぐ「ここで働きます!」とアクションをすることも可能です。
アルバイトの案件数も多いし、田舎の僻地から離島まで魅力的な場所が多いので、楽しい仕事に困ることはありません。
アルバイトをすれば旅の資金を稼げるし、寮費・食費無料の場所を選べば滞在費さえ無料にできてしまう…!旅慣れてる人にとってそれは実質無料で旅行を満喫できるってことと同じようなものです。

短期間で一気に資金集めが可能

リゾートバイトで稼げる金額

まとまった期間を旅行するにはなかなかのお金が必要になります。日本一周だと最低でも50万円。世界一周(1年)だとバックパッカーで150万円くらいが相場となります。(←節約して)
社会人の方には大したことない金額かもしれませんが、それでも貯金し続けるのは大変。学生ならなおさらで、アルバイトをしながらだとどれだけ時間が必要なのかわからない。
せっかく「今」旅に行きたいと思っているんだから、「今」出発しないともったいない!人生で一番大切なのは時間です。そんなときに「リゾートバイト」が大活躍します!
寮費・食費無料で田舎のバイト先を選べば、そもそもお金を使える場所がないので2ヶ月で50万円稼ぐことも可能になります。
もし現時点で旅行資金が足りなくて、「すぐ旅に出発したいけど、お金がない!」と悩んでいるのなら、先に1〜3ヶ月ほどリゾートバイトをして出発した方がメリットは大きいです。
普通にアルバイトをするより短期間で一気に稼げるし、現地で旅人と出会えたら旅の情報もたくさん交換できますし。

非日常の経験を体験できる

おすすめリゾートバイト

自分の知らない土地で、知らない人たちとともに働く…という経験は、本当に貴重で非日常的です。
何もかもが知らないことばかりで、最初はちょっと戸惑うこともあります。怖いこともあります。それでも、思い切ってチャレンジしてみると全然違う世界が開けてきます!
「今の生活は単調でつまらない!何か変化を起こしたい!」という人ほど参加してほしいです。実際に参加すると、今までの自分がどれだけ怠惰に過ごしてきたががわかりますから。

リゾートバイトに向いてる人と向いていない人

リゾートバイトは基本的に誰でもできます。もちろん資格がないとできない仕事もありますので、全ての仕事が誰でもできる訳ではないですが、条件をきつく制限さえ合えば比較的簡単に採用してもらえます。
なので人間的にリゾートバイトに向いていないという人はあまりいません。
しかし条件的にリゾートバイトをしなくてもいいのではないか?と思う人もいます。
それはすでに一人暮らしをしている人です。

一人暮らしの人はリゾートバイトには向かない?

一人暮らし リゾートバイト

一人暮らしの人すべてがリゾートバイトに向かないわけではありません。
しかし、リゾートバイトをする目的が貯金だった場合に限りリゾートバイトには向かないんじゃないか?とも思います。
察しのいい人はすでに気づいたかもしれませんが、リゾートバイトの貯金面でのメリットは家賃、光熱費、食費が無料で生活費がほとんどかからないので貯金をしやすいというところです。
しかしすでに一人暮らしをしている人は家賃を払っています。なのでリゾートバイト中も家賃が発生してしまいもったいないです。
もし今住んでいる部屋を解約してリゾートバイトに行ってもいいのですが、リゾートバイトが終わった後にまた一人暮らしを始めようとすると敷金、礼金、手数料なので20万円前後はかかってしまいます。
もし3か月で50万円貯金を作ったとしても結局は30万円しか手元には残らなくなってしまいます。
それでも30万円手元に残るのだから普段通りの生活で貯金ができない人にはおすすめなのですが、効果は少し弱まってしまいます。
しかし、光熱費や食費が無料なことと、お金を使わない環境に行くことで貯金がしやすくなることも事実です。
もし一人暮らしでもシェアハウスなどに住んでいれば入居時にかかる敷金、礼金、手数料などがあまりかからないのであまりネックにはなりません。

一人暮らしの人はリゾートバイト後に旅行に行くのがおすすめ

リゾートバイト 旅行

上記では一人暮らしの人が期間限定でリゾートバイトに行き、また元の住まいに戻ってくる想定(大型連休の大学生のような)で話を進めていきましたが、リゾートバイト後に貯めた貯金で日本中を旅する、世界中を旅する。といった人はリゾートバイトはおすすめです。
リゾートバイト後に旅をするなら次の住まいのことも考えなくていいですし、なんならお金が無くなってきたらまた旅先でリゾートバイトすればいい。もっと言えば交通費をだしてくれることが多いので移動ついでに仕事すれば移動費もかからずお金もためれて旅人には高都合しかありません。
その他にも学校を辞めたり、卒業しても次の仕事を決めていない人はとりあえず今の住まいは解約してリゾートバイトに行き、そこで身の振りを考えたり、実家に戻ったりすればリゾートバイトが終わったときには手元に貯金ができこれからの生活の大きな糧になります。

目的が経験を積みたいとか出会いが欲しいのなら誰でもリゾートバイトはおすすめ

リゾートバイト スキル

一人暮らしをしている人が期間限定でリゾートバイトに行き、期間を満了したら元のアパートに戻ることは貯金面で言ったら向いていません。
しかし、リゾートバイトの目的が、リゾートバイトの特殊な仕事をしてみたい、とか住み込みで働く経験をしてみたい、とか出会いが欲しいといったものなら自分の求めるものと目的が一致するのでリゾートバイトはおすすめです。
なので、自分がリゾートバイトをする目的は何なのかを考えて、その目的に合ったものがリゾートバイトにあるならぜひ1度はリゾートバイトを経験してみるとこれからの人生の糧となってくれるはずです。

ニート・フリーターにおすすめなリゾートバイト派遣会社

旅館バイトの求人数が業界No.1アルファリゾート

アルファリゾート

アルファ・リゾートの特徴は旅館バイトに強いことです。
仲居さんの仕事がしたい人や、ホスピタリティを身に着けたい人におすすめです。
また高時給求人の多く、リゾートバイトの時給は1,000円が相場ですが、アルファ・リゾートでは、時給1,100円~1,200円の求人が結構あります。
また、交通費の支給額も業界トップで、3万円も支給してくれるので、遠方でも安心して働きにいくことができます。

アルファリゾートについては旅館・仲居で有名なアルファリゾートの口コミや評判で詳しく紹介しています。

時給の高さが業界No.1リゾートバイト.com

リゾートバイト.com

出来るだけ高時給で働きたいなら、リゾバ業界No.1の高時給「リゾートバイト.com」 がおすすめです。
リゾートバイトの平均時給は1,000円と言われていますが、「リゾートバイト.com」 は平均時給が1.100円で、他社にはほとんどない時給1,300円の高額バイトもあります。
しかも、登録した後に、友達を紹介したら11,000円の謝礼がでるので、友達を紹介して一緒に働くだけで大金をもらうことができます。

リゾートバイト.comについてはリゾートバイトで稼ぐなら高時給のリゾートバイト.comで詳しく紹介しています。

求人数が業界No.1リゾバ. com

リゾバ.com

リゾバ.comは業界最大手の老舗会社であるため信頼度が高く、しかも求人数は業界No.1!
大手他社とくらべても求人数は2倍以上あり、短期リゾバの求人も多いため、大学生にとても人気があります。
また、友達同士歓迎の求人も豊富のため、「リゾバで働きたいけど何かと不安だから友達と応募したい!」という学生さんの不安も解消してくれるのです。
2週間から1ヶ月程度、友達と旅行感覚でリゾバで働いてサクッとお金を稼ぎたい方は、リゾバ.comから応募してみてください。

リゾバ. comについてはリゾートバイト業界最大手・仕事数No1のリゾバ.comの魅力で詳しく紹介しています。

ニート・フリーターにおすすめのリゾートバイトのまとめ

旅行好きな人はリゾートバイトのような環境の変化にも柔軟に対応できますし、新天地に行くことが好きなので特におすすめです。
またフリーターやニートの人は生活環境を変えることで仕事に向き合うことができるようになります。
自分の環境を変えよう思っている人はリゾートバイトを始めてみてはいかがでしょうか?

生活環境を変えて仕事をすることは大事なことですが、やはり苦労も多いのも現実だと思います。
そこで次回の記事では生活環境が変わってもなるべく苦労を少なくするために、比較的楽なリゾートバイトの案件を紹介していきます。
リゾートバイトの仕事をちゃんとやっていけるか不安…と思っている人は次回のリゾートバイトで貯金も貯めれて比較的楽な3つの職種の記事で紹介する案件に応募してみてはいかがでしょうか?

過去記事のまとめ

今までに書いてきた記事を再度確認したい人。他にもリゾートバイトについて知りたい人は過去記事の一覧ページを作成しましたのでそこから興味のある記事も確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*