マツコ会議で紹介されたリゾートバイトのナイトワークの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナイトワーク

リゾートバイトのナイトワークは、リゾート地にあるスナックやガールズバー、キャバクラで働くアルバイトです。
マツコ会議では宮古島のキャバクラでの仕事が特集されていましたが、数年の長期で働いている人も最初は2,3カ月の短期で少し働くつもりが住み心地がよく、数年住み着いてしまったケースが多いようです。
都会の仕事や人間関係に疲れたり、過去の自分を知ってる人がいない世界に移りたい人、人生を迷走している女性はリゾートバイトで離島のナイトワークをしてみてはいかがでしょうか?
今回の記事ではリゾートバイトのナイトワークがどんな仕事なのかを詳しく紹介していきます。

マツコ会議で紹介されたリゾートバイトのナイトワークの評判

リゾートバイトのナイトワーク

リゾートバイトのナイトワークは過去にマツコ会議でも紹介されました。
紹介されていた人たちは2か月くらいで帰ろうと思っていたのに数年住み着いちゃった、という人が多かったです。

リゾートバイトのナイトワークの概要

リゾートバイトで稼げる金額

リゾートバイトのナイトワーク求人の平均時給は、1,500円〜2,500円前後。
東京などに比べると決して高い給料とは言えませんが、無料の個室寮があり、水道光熱費もかかりません。
リゾート地の環境を楽しみながら、短期でまとまったお金を稼ぐには好都合なバイトです。
ただ、離島の場合、本土の大手チェーンとは異なり仕事の範囲があやふやです。

リゾートバイトのナイトワーク3種類

リゾートバイトのナイトワークには、以下3種類が存在します。

  • ガールズバー
  • キャバクラ
  • スナック

上記3種類の仕事は、いずれも男性客相手にお酒を注いで会話を楽しむのが主な仕事です。

厳密にはガールズバーは「接客(カウンターレディとも記載される)」、スナックとキャバクラは「接待(フロアレディとも記載される)」に分類されます。
両者の違いは、ガールズバーはカウンター越しに接客をするのに対し、フロアレディはソファ等で隣に座って接客する点です。
服装についてもガールズバーが私服勤務であるのに対し、スナックとキャバクラは店側が用意したドレスを着用します。

上記3種の細かい違いには

  • ガールズバー = 客との距離が近くないため、ナイトワーク未経験者でも始めやすい
  • キャバクラ = 給料以外のドリンクバックや同伴バックが付きやすく稼ぎやすい
  • スナック = カラオケもあり、お店が一体となって雰囲気を作るのでアットホーム

という点が挙げられます。

未経験者でも始めやすいガールズバー

ナイトワーク ガールズバー

ガールズバーはキャバクラやスナックと比べて、客との距離が近くないのが特徴です。
あくまでカウンター越しでの接客です。法律上も飲食店と解釈されているためバーテンダーとして、お酒を提供するのが仕事の主となります。
そのため、酔った客に触られたりする心配が少ないです。
また、働いている女の子の多くが10代後半〜20代前半のナイトワーク初経験であるため、未経験者でも始めやすいのが特徴です。
料金が安いため若い客層も多く、疑似恋愛というより安く若い女の子と喋ってお酒が飲みたい、ってお客さんが多いです。

ナイトワークで稼ぐならキャバクラ

ナイトワーク キャバクラ

マツコ会議で紹介されていたのは、このキャバクラでリゾートバイトをする人たち。
リゾートバイトでのキャバクラの仕事は普通のキャバクラとほぼ同じで、お客さん一人に対し女の子が一人つき、お客さんと会話を楽しみながら、お酒を注いだり灰皿やおしぼりを交換したりといった内容になります。
店によってはお客さんとの連絡先の交換が必須(ノルマ)となっている場合があるため、お客さんとの距離の置き方に気を使うかもしれません。
ただ、ドリンクバックや本指名バック、また指名数や同伴数によって給料が上がるシステムが設けられているため、リゾートバイトにおけるナイトワークの中では最も稼ぎやすい職種です。
時給と合わせれば月30万~40万円は稼げるのが魅力的です。

リゾートバイトのキャバクラ勤務は「リゾキャバ」と呼ばれたりしてピックアップされます。興味のある人は2019年マツコ会議で紹介された宮古島でのリゾキャバの現状!に詳細をまとめましたのでよかったら参考にしてみてください。

アットホームな環境のスナック

ナイトワーク スナック

「ママ」と呼ばれる店を切り盛りする司令塔を中心に、お客さん達とカラオケなどで楽しみます。
ガールズバーやキャバクラとの大きな違いは、個人個人がお客さんを盛り上げるわけではなく、店が一体となって場を盛り上げるという点です。
スナックの雰囲気は地域密着型でお客さん同士も知り合いであることが多いため、上記2つの仕事に比べるとアットホームな職場と言えます。
常連さんも多いので、比較的早く仕事に慣れることができます。

男性でも応募可能なバーテンダー

ナイトワーク バー

ナイトワークと聞くと、女性の仕事というイメージもあるかと思いますが、男性にはバーテンダーという仕事があります。
バーテンダーといっても都会のバーのバーテンダーというよりスナックや小さな居酒屋で接客と簡単な料理とお酒を作るのがメインの仕事になります。
離島だと結構いい加減なところが多くオーナーが早く帰ってしまい一人でお店を切り盛りすることもあるのですが、作れない料理やお酒は断ってしまっても大丈夫なくらい緩い仕事です。
どちらかというとお店に来てくれたお客様を楽しませることの方が大事な仕事で人と話すことが好きな人に向いています。
少しでもバーテンダーに興味があったなんて人は、短期で気軽に経験できるのでおすすめです。

リゾートバイトでのナイトワークの案件詳細

リゾートバイトのナイトワークで稼げる金額

リゾートバイト 賃金

リゾートバイトにおけるナイトワークの時給は、冒頭にて記載したように1,500円〜2,500円前後である場合が殆どです。
家賃や水道光熱費については無料で、負担するのは食費だけと考えておいて大丈夫です。
勤務時間は店によって多少異なりますが、20:00〜2:00くらいの店が多いです(1日6時間勤務)。休日は月に4日〜8日間。
またナイトワークは指名料やドリンクバックがあったり、お客さんからいろいろとプレゼントがあったりするので金額面以上の身入りがあったりします。
ナイトワークの求人一覧
リゾキャバ 求人

リゾートバイトのナイトワークの給与例

リゾートバイト 給料

  • 時給2000円(1日6時間)
  • 勤務時間:20時〜2時の6時間、週休1日
  • ドリンクバック1杯150円~300円
  • 2週間で片道交通料無料、1ヶ月で往復無料

今回の給与例は今一番注目されている宮古島での案件をモデルにしています。
大体上記のような条件で1ヶ月働くと30万円~40万円くらいの給与になります。

ナイトワークの仕事の住まいや環境

リゾキャバ 宮古島

ナイトワークの場合、生活スペースは個室寮か店舗に併設されている居住スペースのいずれかになります。

リゾートバイトの個室寮環境

リゾートバイトの個室寮

スナックで働く場合、店舗の2階などに併設されている従業員用の居住スペースに住む場合もあります。
こうした居住スペースの設備は、上記事に記載している一部共用型の個室寮と同様だと考えておくと良いです。
トイレやシャワールームは室内に設備されていますが、キッチンや洗濯機、乾燥機などは共用スペースに設備されています。
共用スペースは従業員全員が使用するので、それなりのルールが設けられています。
また、休日に全員で1時間〜2時間かけて清掃を強いられることもあるので、こうした点が嫌な人は予め寮環境について雇用先に細かく確認しておくと良いでしょう。
寮環境を含めた待遇について、きちんと問い合わせ対応してくれる求人サイトを後半に紹介しているので、そちらも是非参考にして頂ければと思います。

よくあるナイトワークの質問

お酒が飲めなくても働けるのか?

お酒は飲めるに越したことはありませんが、たとえお酒に強くなくても働くことは可能です。
例えば、「自分のお酒は薄めに作る」「正直にお酒が苦手なことを告げてドリンクを飲む」などをして、カバーできます。
こうしたテクニックはどこの店でも皆知っているので、お酒に強くないことを予めスタッフに伝えておけば、各々がサポートに回ってくれます。

未経験でも働けるのか?

リゾートバイト ナイトワーク

お店側は即戦力になる子よりも、笑顔や気遣いできる子を期待しています。
そのため、ナイトワークの経験有無で採用を判断されることはないと思って大丈夫です(給料については、経験者だと高くなる場合もある)。
離島の男性は、島内に住む手慣れた女性よりも、本土から来た右も左も分からない女性との会話を好みます。
そのため、リゾートバイトのナイトワークにおいては、むしろ未経験の方が好まれる場合もあるでしょう。

面接は電話面接やskype面接が可能

リゾートバイトの派遣会社
ナイトワークで働く場合、面接ってあるの?と思う人も多いと思いますが、電話面接とかで対応が可能です。
そもそも離島で働くことが多いので現地まで面接には行けません。なので電話面接で済ましてしまうのでしょう。
面接時間は長くなく30分もかかりませんし、大したことも聞かれません。
よっぽど話すのが苦手な人でない限り、そこでの面接で落ちることはないのではないでしょうか?

リゾートバイトのナイトワークのメリット・デメリット

リゾートバイトのナイトワークのメリット

ナイトワークはリゾートバイトの中で一番お金を稼げる

リゾートバイト 給料

ナイトワークはリゾートバイトの仕事のなかで一番稼げるといっても過言ではありません。
時給は1500円~2500円ぐらいでリゾートバイトの中では最も高い部類に入ります。
さらに指名やドリンクバックなどで給与が上乗せされます。
1日の労働時間も短いですし、残業もないのに月に30万円くらいは稼げるのはかなり大きなメリットではないでしょうか?

知人にバレる心配が特に少ない

リゾートバイトの派遣会社

ナイトワークをする人が気にすることの1つとして、知人に知られたくない。というのがあります。
リゾートバイトは自分の生活圏から離れて働くので知り合いにばれることは極めて少ないです。特に離島に行ってしまえば知人にバレることなく働くことができます。

また現在、リゾートバイトで働く際にはマイナンバーの提出を求められるようになりました。
これに関して、「マイナンバーを提出したら、ナイトワークで働いていた履歴が残るのでは?」と懸念を抱いている方も多いようです。
ただ、結論から言うと、履歴は残るが個人や企業がそれを知る術はないので心配いらないです。
マイナンバーは「税金・社会保障・災害対策」以外の分野での使用を禁止されています。
税務署や地方自体には、「給与を支払った企業(お店の名前)・住所・法人番号・金額など」は知られますが、この情報を一個人や企業が知ることはできません。
そのため、次の就職先でマイナンバーを提出したとしても、過去のナイトワーク履歴が紐付けされるわけではないので安心して大丈夫です。
もし不安であれば、派遣会社に、履歴が残らないかを確認してみるのも良いでしょう。

人との生活距離が近い

リゾートバイトのナイトワーク

リゾートバイトのナイトワークは離島の案件が多くあります。この離島での仕事はコミュニティがすごく狭いです。
そのため「簡単には使い捨てできない人間関係」や「人間の親切見」に触れることができるのも大きなメリットです。
お客さんから獲れたばかりの新鮮な魚介類をいただいたり、島の観光名所を教えてもらったりすることもできます。
また、仲良くなったお客さんと休日にレジャーに連れて行ってもらったりすることもあります。
しかしもし、そういった人間関係が苦手な人は必ずしも親密な人間関係を築く必要はありません。
自分のペースで負担にならない程度に距離感を保って過ごすのがよりよいです。

リゾートバイトのナイトワークのデメリット

給料は都会に比べると低い

リゾートバイト 派遣会社
リゾートバイトのナイトワークはリゾートバイトの中では高時給ですが、都会のナイトワークと比べると時給は低くなります。
しかし、都会だとどうしてもお客さんの取り合いや、女同士のいざこざがあることが多いです。さらにノルマもあってとても大変です。
しかし、リゾートバイトで離島などでナイトワークをする場合はノルマがないところが多いですし、短期的に人も入れ替わるので、お局のような先輩も少ないですし、お客さんの取り合いなども少ない分ギスギスした感じが少ないです。

お客さんからのセクハラもある

リゾートバイトの注意点
お客さんとお酒を飲むので酔っ払ったお客さんがボディタッチをしてくることもよくあります。まぁ他の仕事でもたまにありますが…。
特に相手がお酒を飲んでいるということもあって、そこらへんの悩みは多いです。
慣れてくれば相手の方に体を向けたり、肩にかけてきた腕をやんわりも元に戻したりもできるのですが、最初は戸惑ってしまうかもしれません。
あまり触られたくない人はキャバクラのような同じ席に座るタイプではなくガールズバーのようテーブルを挟んで対面式での接客をするお店に応募するといいかと思います。

コミュニティが狭いからこそのデメリット

ナイトワーク

離島での人間関係は「コミュニティが狭い」からこそ起こるデメリットもあります。
離島のコミュニティは狭いため、噂話などはすぐに流れる恐れがあります。というか流れます。
ましてやナイトワークであれば、良くも悪くも「〇〇(店の名前)に若くて可愛い子が入った」という情報を聞きつけて多くの男性が来店します。
万一、男性客と関係を持てば、見ず知らずの人にも関係を知られる可能性があるのが離島における村社会のデメリットと言えます。
離島で悪いことはできません。
がしかし、島民とでリゾートバイトの女性や出張の男性との男女関係の話は絶えずでてくるのが現状です。

リゾートバイトのナイトワークの始め方

ここまで読んでいただいて実際にリゾートバイトでナイトワークってどうやったらできるの?と思う人も多いと思います。
リゾートバイトでのナイトワークはやはりリゾートバイトなのでリゾートバイトの派遣会社から案件に応募します。
特にリゾートバイトの派遣会社の中でもナイトワークに特化したサイトではなく普通のリゾートバイトの派遣会社でナイトワークの仕事を取り扱っている会社に登録してあとは興味のある案件に応募すれば簡単に始められます。
ナイトワークは派遣会社によって取り扱っていない会社もありますので、下記にナイトワークの案件を取り扱っている派遣会社を紹介しておきます。
またリゾートバイトの派遣会社の登録方法や始めるまでの手順は簡単ですが、最初は疑問も多いと思いますので、リゾートバイトの登録から仕事開始までの流れの記事に詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

リゾートバイトのナイトワークを探すならリゾートバイト.com

リゾートバイト.com
リゾートバイトのナイトワークを探す場合、リゾートバイトの派遣会社から探すのが主流になります。
そのときどのサイトが一番おすすめかというとやはりリゾートバイト.comです。リゾートバイトのナイトワークに限りリゾバ.comも時給は高いし案件数が多いのですが、どうしてもリゾバ.comのwebサイトが好きになれない(デザインが古いのとUIが好きではない)のでりリゾートバイト.comをおすすめさせていただきます。
他のリゾートバイトではおすすめできるアルファリゾートはナイトワークに限り検索がすごく不便なのでおすすめできません。

リゾートバイト.comでのナイトワークの探し方

私がナイトワークでリゾートバイト.comをおすすめする理由の1つに検索のしやすさがあります。
特にフリーワード検索などをしなくてもクリックしていくだけでナイトワークの仕事にたどり着けて一覧も見やすいです。

リゾキャバ 求人

★検索ステップ#01

下のボタンからリゾートバイト.comの公式webサイトに移動してください。

★検索ステップ#02

webサイトに移動したら、最初の画面から少し下にスクロールすると「クイックサーチ」の項目がありますので、そこの「こだわり検索はコチラ」を押してください。

クイック検索

すると隠れていた検索項目が表示されますが、まだナイトワークの仕事は出てこないので、さらに「もっとこだわる」を押してください。

検索

すると、さらに隠れていた検索項目が表示されますので、その「職種」の中に「ナイトスタッフ」の項目があるので、それを押してもらうと項目が緑色に変化します。
その状態で、「検索」ボタンを押すと、ナイトワークの仕事一覧が表示されます。

検索

リゾートバイトのナイトワークで働いた人の口コミ・評判

口コミ1.バーテンダー

父島でバーテンダーの仕事をしました。
バーテンダーといってもスナックでママの代わりに店を手伝い感じでした。
ママは早い時間に帰ってしまうので自分一人で仕事をすることもあったのですが、作れないお酒や料理は断っても問題なかったので楽でした。
あと、時給はそんなに高くなかったのですがお店のお酒はどれだけ飲んでもよかったので、お酒好きの私にはとても楽しい仕事でした。
他の仕事で父島に来たり観光で来たお客さんと仲良くなって、あとで東京でも飲みに行くぐらい仲良くなれて、とても楽しいしごとでした。

口コミ2.キャバクラ勤務

宮古島のキャバクラで働きました。
感想としては、沖縄の海や自然を堪能しながら効率よく稼ぐ事ができたので、1石2鳥って感じでした。
職場は、地元の人達が集まって騒ぐ酒場のような雰囲気で、いかがわしい感じは一切ありませんでした。
(キャバクラというかスナックに近い雰囲気)
東京のキャバクラやスナックとは違い、とてもアットホームで安心しました。
島の人達とも仲良くなって、家族のような生活ができてとても思い出になりました。
最初は、リフレッシュの意味合いも兼ねて2ヶ月で希望したのですが、結局延長して3ヶ月働きました。
寮もきれいでとても住みやすかったです。
また、リゾートバイトもしたいし、働くとしてもまたキャバクラがいいです。
働きやすいし、貯金もできるのでおすすめですよ。

口コミ3.キャバクラ勤務

石垣島のキャバクラで働きました。
時給は1400円で石垣島の中では高い方でした。
働いてよかった点は、お酒が強くなったことと、誰とでも臆せずに話すことができるようになったことです。
仕事にノルマもなかったので、ひたすら楽しんで仕事ができました(笑)
ただ、泡盛で酔ってしまうのでほぼ二日酔い担ってしまうので、慣れるまでは大変でした。
結果的には、地元の若い子たちとも仲良くなれて、楽しめたので良い思い出になりました!

ナイトワークの案件を取り扱っている派遣会社

リゾートバイト 派遣会社
ナイトワークは他のリゾートバイトの案件とおすすめする派遣会社が変わってきます。
すごく大きな違いはないのですが、通常のリゾバでおすすめしている派遣会社のアルファリゾートがナイトワークの案件を取り扱っていません。
なのでナイトワークをするのなら派遣会社はリゾートバイト.comかリゾバ. comとなるのですが時給の面からリゾートバイト.comの方を私はおすすめしています。

時給の高さが業界No.1リゾートバイト.com

リゾートバイト.com

出来るだけ高時給でナイトワークで働きたいなら、リゾバ業界No.1の高時給「リゾートバイト.com」 がおすすめです。
しかも、登録した後に、友達を紹介したら11,000円の謝礼がでるので、友達を紹介して一緒に働くだけで大金をもらうことができます。

リゾートバイト.comについてはリゾートバイトで稼ぐなら高時給のリゾートバイト.comで詳しく紹介しています。

求人数が業界No.1リゾバ. com

リゾバ.com

リゾバ.comは業界最大手の老舗会社であるため信頼度が高く、しかも求人数は業界No.1!
大手他社とくらべても求人数は2倍以上あり、短期リゾバの求人も多いため、大学生にとても人気があります。
しかも、リゾバ.comは沖縄の求人が最も多く、5万円するダイビングライセンスの取得が70%offになる特典も付いています!
2週間から1ヶ月程度、友達と旅行感覚でリゾバで働いてサクッとお金を稼ぎたい方は、リゾバ.comから応募してみてください。

リゾバ. comについてはリゾートバイト業界最大手・仕事数No1のリゾバ.comの魅力で詳しく紹介しています。

リゾートバイトのナイトワークのまとめ

今回はリゾートバイトのナイトワークについて紹介させてもらいました。
リゾートバイトならナイトワークもバレないですし、憧れの沖縄へ移住しても高時給で採用してもらえておすすめです。
リゾートバイトの魅力はお金が貯まることと観光地で働けることです。今や日本の観光地でも1、2位を争う沖縄の宮古島に住めるのはかなり魅力です。
リゾートバイト、沖縄での生活などなど少しでも気になったらお試しでリゾートバイトのナイトワークをしてみてはいかがでしょう?
ナイトワークなら短期でも比較的簡単に採用してもらえるかもしれません。

次回の記事は農業バイトについて

次回はリゾートバイトではないのですが、農業バイトについて紹介してこうと思います。
農業バイトはリゾートバイトでも少しは取り扱っているものの案件は少なく、農業バイト専用にサイトで探した方が手っ取り早いです。
しかし、私も農業バイトをしたことがあるのですが、農業バイトはめちゃくちゃきついです。
そのきつさについても次回の農業バイトよりリゾートバイトを選択した方がいいよの記事で詳しく紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*